2022.06.24

トラックメイカーのための音楽理論 | 第1回 リズムの理論① BPMと拍の表裏

「音楽理論」と一口に言っても、その中身は実に様々です。例えばオーケストラのクラシック曲を作りたい人と、ジャズのアドリブ演奏をしたい人とでは、学ぶべき内容は全く変わってきます。 彼らはそれぞれに最適化された内容を学んでいま […]

Continue Reading
2022.06.22

quoreeインタビュー 微細なエディットで「初音ミクが孤独にならない」空間を作るプロデューサー

連載企画【エッジーなエレクトロニック・サウンドを求めて】。この連載では、エレクトロニック・ミュージックシーンの先端で刺激的なサウンドを探求するアーティストにインタビューし、そのサウンド作りの心得やテクニックを明らかにして […]

Continue Reading
2022.06.15

ビジュアライズ×エレクトロニック・ミュージック、浸透し合う可能性 KAIRUI × cosgasoインタビュー

動画配信プラットフォームとストリーミングサービスが主要な発表の場になることで、ますます流動的になっているサウンドとビジュアル要素との関係。「ビジュアライザー」や「リリックビデオ」など、その潮流を捉えた新たな形式も定着しつ […]

Continue Reading
2022.06.10

ヒッキーP インタビュー ボカロアングラシーンの重要人物が語る、「感情の音楽化」と現在のボカロシーン

2007年の初音ミク発売以来、広がり続けているボカロカルチャー。大ヒット曲や国民的アーティストの輩出などによりますます一般化する中、本連載ではそうした観点からはしばしば抜け落ちてしまうオルタナティブな表現を追求するボカロ […]

Continue Reading
2022.06.01

Y2Kリバイバルで復活間近? ダフト・パンクに代表される「フレンチ・ハウス」とは――歴史、音楽性、制作TIPSをまとめてご紹介

2021年に突如解散を発表し、世界中の音楽ファンに大きな衝撃を与えたDaft Punk(ダフト・パンク)。今年は1997年にリリースされたフレンチ・ハウスの名盤として知られるデビューアルバム『Homework』がリリース […]

Continue Reading
2022.05.27

Yacaインタビュー VTuberシーンとヒップホップは似ている? バーチャル音楽シーンでトラックメイカー/ラッパーとして活動する面白さ

2019年より活発化したVTuberの音楽シーン。「歌ってみた」やボーカロイドなど、ニコニコ動画の影響を大きく受けた黎明期から、今ではクラブミュージックやロックなど、様々なジャンルの音楽が展開されている。その中でもクラブ […]

Continue Reading
2022.05.26

特集「アンビエント+ポップの現在」Part1 Akiyoshi Yasudaインタビュー(森山直太朗「素晴らしい世界」編曲ほか)

2022年3月にリリースされた森山直太朗のニュー・アルバム『素晴らしい世界』。アーティストのデビュー20周年を飾る本作は、新型コロナ禍の影響で活動が停滞し、更には自身も新型コロナに感染するという苦境を乗り越えて完成した。 […]

Continue Reading
2022.05.18

Pause Cattiインタビュー 現代音楽とポップ・ミュージックの狭間をたゆたう――「文化史の中に存在するためのアーキタイプを」

連載企画【エッジーなエレクトロニック・サウンドを求めて】。この連載では、エレクトロニック・ミュージックシーンの先端で刺激的なサウンドを探求するアーティストにインタビューし、そのサウンド作りの心得やテクニックを明らかにして […]

Continue Reading
2022.05.11

Makotoインタビュー 日本人ドラムンベースプロデューサーのパイオニアが語る、アフターコロナのドラムンベースシーンと楽曲制作

1999年にLTJ Bukem率いる名門ドラムンベース・レーベル「Good Looking Records」と日本人として初のアーティスト契約を結び、一躍日本クラブミュージック・シーンの“時の人”となったMakotoさん […]

Continue Reading
2022.05.02

きくお インタビュー 海外リスナーも熱狂させる、極北のオルタナティブ・ボカロサウンドを生み出す思考回路に迫る

2007年の初音ミク発売から始まる15年ほどの歴史を通して、ボカロカルチャーは形を変えながらも広がり続けている。ボカロPとしての活動を出自に持つアーティストからはヒットメイカーが何人も生まれ、シーンの主な現場としてYou […]

Continue Reading
2022.04.15

今、最も人気のダンスミュージック「テックハウス」とは? 歴史、音楽性、制作TIPSをまとめてご紹介

ダンスミュージックにおける代表的なジャンルのひとつとして、「ハウス(・ミュージック)」を挙げる人は少なくないと思います。しかし、一口にハウスと言っても、その中にはシカゴハウス、ニューヨークハウス、ディープハウス、フレンチ […]

Continue Reading
2022.04.08

illequalインタビュー 壊れた音像が描くダウンサンプルされた感情――HexD/Surgeを再解釈する新鋭トラックメイカー

連載企画【エッジーなエレクトロニック・サウンドを求めて】。この連載では、エレクトロニック・ミュージックシーンの先端で刺激的なサウンドを探求するアーティストにインタビューし、そのサウンド作りの心得やテクニックを明らかにして […]

Continue Reading
2022.04.06

DAWをアナログ機材に置き換えると? “仮想の配線”を意識する【UI/UXから学ぶDAW論】第8回:ミキサーとルーティング

複雑なDAW(音楽制作ソフト)との付き合い方を、「UX(ユーザーエクスペリンス)」および「UI(ユーザーインターフェイス)」の観点から紐解く連載【UI/UXから学ぶDAW論】。音楽理論学習サイト「Soundquest」の […]

Continue Reading
2022.04.01

ドラムの質感、現場感、他ジャンルとの融合――Mountainが語る、世界に通用するドラムンベースの作り方

昨年のPinkPantheressのブレイクをきっかけに再注目されているドラムンベース。90年代に全盛期を迎えたことでその人気は世界中に飛び火、2000年代には世界各地で現在もシーンの第一線で活躍する有名プロデューサーた […]

Continue Reading
2022.03.28

ウェブブラウザで音楽制作! 手持ちの音源からステム作成できる「音源分離」も――Soundmain Studioレビュー

Soundmainはソニーミュージックによる、【サウンドパック(音源素材)】【ウェブブラウザで動くDAW】【ブロックチェーンを用いた著作権処理の仕組み】を一括して提供することを目指し開発中のプラットフォームです。このうち […]

Continue Reading
2022.03.25

beipanaインタビュー ローファイ・ビーツ×スティールギターというスタイルで拓いた理想的な音楽との距離感

DJとして、ビートメイカーとして、そしてスティールギター奏者として、2000年代後半から長きにわたって活動を続けてきたbeipana。東京のクラブシーンやインディシーンにコミットしつつ、マイペースに自らの音楽を模索してき […]

Continue Reading