2023.01.13

トラックメイカーのための音楽理論 | 第8回 コードの理論③ ノンダイアトニックコード

これまでの回では曲作りの基本となるコードとして「ダイアトニックコード」が繰り返し登場してきました。 この7つだけでも素晴らしい曲は作れます。ただ、コードの選択肢が多いに越したことはないというのもまた事実です。そこで今回は […]

Continue Reading
2022.12.09

トラックメイカーのための音楽理論 | 第7回 メロディの理論② コードとの位置関係

前回でコードをつなげて「コード進行」を作るというところまで話が進みました。そうして作ったコード進行にメロディを乗せて曲を完成させるというのが、非常にスタンダードな作曲法のひとつです。そこで今回は、コードとメロディをいかに […]

Continue Reading
2022.12.07

2022年のサンプリングをめぐる注目トピックから見える「生態系」の変化とは【サウンドパックとヒップホップ 第12回】

Soundmainでも販売しているサウンドパック。音源素材がワンショット(ドラムやシンバルなどの短い一音単位の音)やループ(リズムパターンの一定の繰り返し)といった単位でまとめられており、ヒップホップシーンで発達した制作 […]

Continue Reading
2022.11.14

トラックメイカーのための音楽理論 | 第6回 コードの理論② コードの機能

前回は基本的なコードが何であるか(=音階の構成音を使う)、どんな積み方をすればよいか(=ひとつ飛ばしで積む)を学びましたが、今回はそれらを繋げて「コード進行」を作る時の考え方を解説していきます。 「番号」でコードを捉える […]

Continue Reading
2022.11.10

ライブハウスドラマーがサウンドパック制作を擬似体験、その「かつてない難しさ」とは?【サウンドパックとヒップホップ 第11回】

Soundmainでも販売しているサウンドパック。音源素材がワンショット(ドラムやシンバルなどの短い一音単位の音)やループ(リズムパターンの一定の繰り返し)といった単位でまとめられており、ヒップホップシーンで発達した制作 […]

Continue Reading
2022.11.07

エレクトロミュージックとパンクロックの結節点、00年代リバイバルの中で再評価進む「ダンスパンク」とは

2020年代を迎えて以降、音楽シーンでは2000年代前後のメインストリームで人気を博していたエモロックやポップパンクのほか、同時期に人気を博していたダンスポップ、UKガラージといった音楽ジャンルの人気が再燃するY2Kリバ […]

Continue Reading
2022.10.27

Abletonがオフィスを開放して「テックラウンジ」を開催! アーティストによる講義やハードウェアとの連携方法を学べるワークショップをレポート

音楽制作ソフトウェア・ハードウェアメーカーのAbletonが、9月30日(金)より期間限定で東京・中目黒のAbleton Japanオフィスにて、エンドユーザーにオフィスを開放する「Ableton テックラウンジ」を開催 […]

Continue Reading
2022.10.11

トラックメイカーのための音楽理論 | 第5回 コードの理論① ダイアトニックコード

これまでサウンド、リズム、メロディに関する理論を扱ってきましたが、ひとつ抜けていた分野があって、それがコードに関する理論です。他よりも内容が少々難しいためこれまで触れずにいましたが、今回いよいよ解説をしていきたいと思いま […]

Continue Reading
2022.09.20

いま再注目のレゲトンとは? 特徴はリズム「デンボー」にあり【サウンドパックとヒップホップ 第10回】

Soundmainでも販売しているサウンドパック。音源素材がワンショット(ドラムやシンバルなどの短い一音単位の音)やループ(リズムパターンの一定の繰り返し)といった単位でまとめられており、ヒップホップシーンで発達した制作 […]

Continue Reading
2022.09.14

トラックメイカーのための音楽理論 | 第4回 リズムの理論② シンコペーションとシャッフル

今回は、連載の初回で学んだリズムの理論をもう一段階掘り下げていきます。(初回の記事は以下) リズムの理論では我々が1,2,3,4とカウントする「拍」を基本単位とし、それをさらに分割したものを表拍・裏拍と分類していきます。 […]

Continue Reading
2022.09.09

音楽トレンドの変化とともに注目、ビンテージ機材の質感を再現する「フィジカルモデリング」技術

音楽シーンのトレンドの変化とともに、音楽クリエイターの間で人気になる制作機材のトレンドも変化しています。 例えば、ダブステップやフューチャーベース、EDMが音楽シーンでトレンド化した2010年代では、強烈なワブルベースや […]

Continue Reading
2022.08.19

トラックメイカーのための音楽理論 | 第3回 メロディの理論① キーとスケール

今はループやワンショットのサンプルを組み合わせるだけでも作曲ができる時代ですが、自分でフレーズを作りたかったら「打ち込み」をする必要があります。その時問題になってくるのは、鍵盤のうちどの音を使えばいいのかという点です。そ […]

Continue Reading
2022.08.17

生演奏っぽいフレーズが特徴。トラップの派生ジャンル「Plugg(プラグ)」とは?【サウンドパックとヒップホップ 第9回】

Soundmainでも販売しているサウンドパック。音源素材がワンショット(ドラムやシンバルなどの短い一音単位の音)やループ(リズムパターンの一定の繰り返し)といった単位でまとめられており、ヒップホップシーンで発達した制作 […]

Continue Reading
2022.08.08

Ultra Japanの復活で再び注目が集まる「EDM」とは? ジャンル内トレンドの変遷、制作TIPSをまとめてご紹介

2020年から世界中を混乱に陥れたコロナ禍。しかし欧米では昨夏ごろから収束傾向にあると捉えられており、開催延期を余儀なくされていた音楽フェスの多くが復活してきています。 その中でも注目したいのはEDMフェスです。昨年10 […]

Continue Reading
2022.07.22

トラックメイカーのための音楽理論 | 第2回 サウンドの理論① 倍音とADSR

前回の記事はこちら▶ 一般に「音楽の三要素」といえばリズム・メロディ・ハーモニーですが、こと近年の音楽においてはサウンドの重要性も計り知れません。そこで今回は、楽器の音色に関する理解を深めていきます。 音色と周波数成分 […]

Continue Reading