2022.06.20

見過ごされがちな“プロデューサー”のキャリア向上を支援。新たなビート販売プラットフォーム「BeatExchange」に注目

タイプビートとサンプルパックを利用するアーティストや音楽クリエイターは年々増えていますが、それに伴い、それらを取り扱うオンラインマーケットプレイスの需要や市場規模も拡大しています。 その中でも注目したいのが、インディペン […]

Continue Reading
2022.06.17

ハンディで親しみやすいインターフェイスで人気のシンセ「OP-1」に後継モデルが登場! 100の新機能を搭載した 新機種「OP-1 field」とは?

持ち運びにも便利、かつ、本格的な機能を備えたガジェット系シンセが人気を博す中、かねてより多くのファンに支持されている北欧・スウェーデン発の機材メーカー「teenage engineering」。 2005年に設立されたt […]

Continue Reading
2022.06.13

コアな音源を多数抱えるSoundCloudがAI音楽スタートアップ「Musiio」を買収! 音楽発見能力の拡張について考える

ストリーミング音楽配信プラットフォームの普及に伴って、AIパーソナライズ機能が身近なものになりました。リスナーのリスニング履歴を元に好みの音楽を自動でAIがセレクトしてくれるこの機能のおかげで、これまで知らなかった音楽を […]

Continue Reading
2022.06.06

Spliceがアフロビーツサンプルパック「Beyond Afrobeats」をリリース、ポップスシーンでもトレンドのアフリカ音楽テイストに注目

近年、ナイジェリア出身のBurna Boyを筆頭にダンスホール・レゲエやヒップホップ、R&Bとハイライフ(Highlife)などアフリカのポップスやアフロビートが融合したアフロビーツ系アーティストがメインストリー […]

Continue Reading
2022.06.03

Beatport、ダンスミュージックシーンの有名プロデューサーによるサンプルパックを提供するレーベル「Beatport Sounds」を設立

最近では買い切り型、サブスクリプション型問わず、さまざまなサンプルパックを提供するサンプルプラットフォームが存在します。 また以前よりも手軽に手に入るようになったことでサンプルパックを利用する音楽クリエイターが増加しただ […]

Continue Reading
2022.05.31

音楽制作テクニック「サイドチェイン」とは? 多様なジャンルに設定可能な専門プラグイン「Kickstart 2」を通じて解説

現代の音楽制作において欠かすことのできない制作テクニックのひとつが、「サイドチェイン」を活用し、グルーヴを生み出すテクニックです。 サイドチェインとは、エフェクトのかかり具合を、エフェクトをかける対象の音とは違うトラック […]

Continue Reading
2022.05.20

エレクトロニックミュージック産業が2021年に再成長! テックハウスやアマピアノの存在感が増すなどトレンドも変化

音楽業界は2020年のコロナ禍により、非常に大きな経済的打撃を受けました。しかし、昨年夏以降は欧米を中心に徐々にライブミュージックビジネスが再開。国内においても今年は海外アーティストを迎えたクラブ/ライブイベントやフェス […]

Continue Reading
2022.05.05

よりリアルなベース音がMIDIでも再現可能に! 人気のフィジカル・モデリングベース音源最新版「MODO BASS 2」

DTMでの音楽制作のメリットのひとつとして挙げられるのは、シンセやドラムマシンといったハード機材やギター、ベース、ドラム、トランペットなどの楽器を持っていなくても、それらをモデリングしたソフト音源を使って音楽が制作できる […]

Continue Reading
2022.05.04

サイコロを振ると新しい音楽アイデアが降りてくる!? 新感覚の音楽制作ツール「PLAYBOX」とは

近年はDAWの進化やAIアシスタント機能搭載の音楽制作ツールの登場により、これまで音楽制作の経験がない人でも以前と比べて簡単に自分のオリジナル楽曲が制作できるようになりました。 しかし、そういった環境が整う一方で、型には […]

Continue Reading
2022.04.26

DJの現場から収益をプロデューサーに還元。テクノDJ・プロデューサーのDVS1による収益分配サービス「Aslice」とは?

昨年、Apple Musicが、DJが作成したミックス音源から正しくすべての権利者に直接ロイヤリティの支払いができるようにするシステムを開発したことが、DJやプロデューサーの間で話題になりました。 また、日本でも昨年末に […]

Continue Reading