2021.07.07

iZotopeのプラグインに注目、ボカロシーンで人気のテクニックを使うのに適したバンドルパックも

音楽機材メーカーのiZotopeが、2021年もサマーセールを実施(7月11日終了)。割引対象となっていた単体プラグインは、ドラムサンプルと強力なシンセシス機能をブレンドしたビートマシン「BREAKTWEAKER EXPANDED」、幅広いサンプルライブラリと周波数フィルタリング機能を搭載したサンプルベースのソフトシンセ「Iris 2」、電子的なボーカルの質感やロボットボイスなど様々なボーカル音声に加工できるエフェクター「VocalSynth 2」など。

バンドルパックでは、先述のVocalSynth 2とピッチ補正、EQ、コンプから空間系、ハーモニーの生成にモジュレーション系まで幅広い用途をカバーするボーカル用のミキシングツール「Nectar 3 Plus」がセットになった「Vocal Bundle」、「Creative Suite 2」、「Music Production Suite 4」、「RX Post Production Suite 4」の3つのバンドルパックに加え、ボーカルや楽器、リズムパートのピッチ編集プラグイン「Melodyne essential」がセットになったiZotopeプラグイン全部入りの「iZotope Everything Bundle」がセール対象となっていました。

「iZotope Everything Bundle」には、ミックス済みの音源からの音声分離、ノイズ除去などができる音声リペアプラグイン「RX 8」、マスタリングプラグインの定番「Ozone 9」といったiZotopeの人気ポストプロダクション、マスタリングツールのほかに先述のIris 2、BreakTweaker Expandedのような制作系のプラグインも含まれます。

また、ボタンひとつでスタッター効果(部分的に短いループを繰り返したり、音のオン/オフを繰り返して変化を付ける効果)を与えることができる「Stutter Edit 2」のようなエフェクターも含まれています。

例えば、ボカロシーンではスタッター効果を与えることでスライスされた独特のフレーズを作るテクニックは、定番テクニックのひとつになっています。そういったスタッター効果を駆使した楽曲を作りたい人に「Stutter Edit 2」はおすすめです。

オーディオリペアやノイズ除去、ボーカル処理、ミックスからマスタリングまでのツールを一気に揃えたいという人におすすめです。今回セール期間を逃した方も、ぜひ次の機会を狙ってみてはいかがでしょうか。

iZotope「JULY FLASH SALE」
https://www.izotope.jp/news/julyflash2021/