2021.12.16

uami インタビュー iPhone1台で生み出される驚きのサウンド、独自の〈声〉の使い方に迫る

シンガーソングライターであり、自らトラックをつくって活動するプロデューサーでもあるuami。豊かな表現力を持つ声と、繊細でときにトリッキーなビートが注目を集める新鋭だ。メロディラインにポップな顔を覗かせる一方で、実験的でエクストリームなサウンドも飛び出すその奔放な作風は、約束事から解放された清々しさと共に、どこか謎めいた雰囲気を醸してさえいる。多作家としても知られ、2019年にはじめて作品集を発表した際には、アルバム・EP・シングルあわせて70曲を同時に配信。その後もコンスタントにソロ作のリリースやコラボレーションを重ね、2021年だけでも3作のアルバム・EPをリリース。そのユニークな作風とバイタリティあふれる活動の背景を聞いた。

自分なりの歌声を探して

uamiさんは多作な印象があります。今年に限っても、アルバム『火と井』、『昼に睡る人』、EP『zoh』と3つの作品集を出していて、シングルも出している。ものすごいバイタリティだと思います。最初から創作意欲がどんどん湧いてきていたんでしょうか。

本当に最初の最初はカバー用のトラックづくりからはじめたんです。で、ちょこちょこ作曲してみるかみたいな感じで。当時は「AメロがあってBメロがあってサビがなきゃだめ」というのが念頭にあったので、苦戦していました。2018年くらいからいろんな音楽に触れるようになって、自分の作品の幅も広がったというか、「Aメロ・Bメロ・サビ」みたいに固定された決まりってないんだなというのがわかりだした。それから、「こういうのもつくりたい、ああいうのもつくりたい」とつくっていくようになりました。

最初はカバー曲のトラックづくりだったということは、歌うためにトラックをつくりはじめたということですか。

そうです。自分はピアノがばりばり弾けるわけじゃないから弾き語りもできないし、どうしようかなと思っていたんです。YouTubeとかにあるような怪しいカラオケ音源を使うよりも、自分でつくったほうがいいんじゃないかみたいな気持ちがあって(笑)。

もともと、歌うことはお好きだったんですか。

好きだったんですけど、小さい頃はカラオケが苦手で。でも、中学校から高校くらいからひとりカラオケに行きだして。あと、吹奏楽部に入っていたので、トレーニングで歌うこともあったりして、歌に興味が出て。他にも、通っていたピアノ教室でちょっとだけ、ソルフェージュ(楽譜を読み、解釈するための基礎訓練のことで、譜面を「ドレミ」に読み替えて歌うソルミゼーションなどを含む)というのかな、歌ったりもしていました。

演奏や歌う以外に、音楽にはどう触れていましたか。好きなアーティスト、とか。

自分ではじめてCDを買ったのは宇多田ヒカルとか椎名林檎でした。でも、中学校では本当に部活が忙しかったので、そういうJ-POPにうとくなっちゃったんです。中学3年生で部活から解放された頃、マイケル・ジャクソンが亡くなって。それがきっかけで、家にたまたまあった『BAD』(1987年)を聞いてみたりして、そこからめちゃくちゃマイケル・ジャクソンを聴き込みました。次はK-POPにハマって。BIGBANGとか東方神起とか、あのへんがすごかった時代です。ボーカロイドにハマっていたときもあります。あと、大学で一瞬軽音楽部に入っていたんです。歌で参加してくれないかと言われて、一度ライブに出てやめちゃったんですけど。そのときは邦楽のロック、KANA-BOONとかキュウソネコカミとかを聴いていました。

uamiさんの曲でおもしろいなと思うのが声の使い方で。歌い方のバリエーションが幅広い。ラップするときもあるし、ぐっと唸るような、それこそ椎名林檎みたいな歌いかたのときもあるし、ウィスパーになったり、かと思えば過激なデスボイスになったり。そういう声の探求をこれまでにされてきたのかなと。

高校から大学の最初くらいのときは、めっちゃ声を張り上げる感じの歌い方をしていました。でも、あるとき、カラオケに行ってきちんと最初から最後まで歌う以外にも、家でちょっと「ふふふふ」みたいな感じで歌うときの歌い方でもいい、歌い方はひとつじゃなくてもいいんじゃないかなって気づいて。いろんな声を試した結果、息の多く入ったウィスパー寄りの歌い方を最初に見つけました。自分が歌いやすいし、後で録音を聞き返したときにも聞きやすい。それがこの3~4年ですね。で、そこから後に解体ザダン壊というユニットで一緒に活動することになるhonninmanとかに衝撃を受けて。honninmanからノイズとかシャウト系の音楽をいろいろと教わって、自分もやってみたいなと思ってさらに幅が広がりました。

uamiさんの作品には張った声の使い方ってないなと思っていたんですよね。だから、いま「もともと張った歌い方をずっとしていた」っていうのが面白くて。

反省をいかしてじゃないけど(笑)。自分は張り上げた声でうまく聞かせるよりも、他の表現のしかたのほうがあってるのかなというのがわかってきたので。

iPhone一台で完結する楽曲制作、その工夫

具体的な制作のプロセスも伺っていきたいと思います。まず、いまの制作環境を教えて下さい。

iPhoneのGarageBandで、特にそれ以外のアプリもなんにもないんですけど……。iPhoneのGarageBandのなかで、弾いて、打ち込んで、あとで編集画面でちょっと調整したりとか。

声の録音は、ほんとに、イヤホンをつなげて、ここにいれてます(iPhoneを持ち上げて、内蔵マイクに向かって声を出すジェスチャー)。

マジすか。

はい。

マジすか……。

はい(笑)。

マイクを外付けするインターフェイスもありますけど、そういうものは使わずに……。

人から「こういうのあるよ」って教えてもらうこともあるんですけど、「ああ、そうなんや、あるんや~」みたいな。アプリとかも、結局は使ってないですね……(笑)。

使っていて、ソフトウェアの限界って感じませんか? これができたらいいのに、みたいな。

ありますね。決定的なのが、曲の途中でテンポを変えられないんです。どうしてもテンポを変えたいときには、一回プロジェクトファイルを書き出して、書き出したファイルを新しいプロジェクトに無理やり差し込んでいます。具体的な曲名でいうと、2020年のEP『キンカジュー』のなかに「ルシー」という曲があって。

中盤から曲調が変わって、テンポも変わる。それはプロジェクトファイルがもともと2個あって、1回冒頭の部分を書き出してから、別のプロジェクトに差し込んでます。「餞」も、もともとプロジェクトが2個にわかれていて。若干テンポが変わるんですよね。

音声ごとにテンポチェンジを行っているところ。各音声のBPMが異なっているのがわかる